風の向くまま

〜Oz's Leaves管理人のブログ〜
私は「うつ依存症」の女〜プロザック・コンプレックス〜
マンガ/読書
私は「うつ依存症」の女〜プロザック・コンプレックス〜
エリザベス・ワーツェル著  滝沢千陽訳  講談社

ハーバード大学在学中にカレッジ・ジャーナリズム賞を取り、音楽評論などで活躍している(た?)著者の半生記。11歳から患っていたうつ病がどれだけ苦しかったか、をひたすら吐き出した本だ。

描かれているのは、過激なヤンデレ。とにかくはた迷惑な女だ。両親の愛情不足はあったのかもしれないが、他と比べて特にひどいわけでもない。本人的に足りなかった親の愛情を恋人で埋めようとするが、重すぎる女なので、なかなかうまく行かない。数々の精神科医やセラピストも無能呼ばわりし、ひたすら他人が悪い、他人が悪いと、全てを他人のせいにする。

「うつ」ってこんな病気だったっけ? それともアメリカのうつはこうなのか? 私の知人のうつの人は、自分を責める傾向が強い人ばかりだった。それと比べるとかけ離れすぎて、かなり驚きだ。

最後の章で「私はうつ病に恋をしていたのだと思う。うつ病は自分を価値ある人間とする、個性の一つにすら思っていた」と書かれている。つまり本のタイトル通り、彼女の問題は「うつ」ではなく、「うつである自分に依存している、うつ依存症」であることだったようだ。
「不治の病にかかっている可哀想な悲劇のヒロイン」に憧れて、「うつ病に苦しめられている悲劇の(周囲から見たら迷惑な)ヒロイン」を演じ続けていたわけだ。

著者のあとがきには、とにかくその時の気持ちをありのままに書きたかったと書いてある。「病気がひどくなったときの頑固で要求だけが高く、自己中心的でわがままな私の姿をそのまま書いたつもりだ。読んでいると怒りで気分が悪くなったと評した読者が少なからずいたが、そう思ってくれたなら、本は成功したと思う。読者が感じた怒りや不満は、実生活でうつ病の人と接した人が感じる空虚感に通じるのだ。うつ病はナルシスティックな病だ。深く激しい自己陶酔から、患者は自分の考えから離れることができず、世の中の良いことも純粋な愛も見失ってしまう」

親との関係がうまく構築できずに問題を抱えた依存症とか、発達障害といった病気を「うつ」と置き換えれば、話が通じてくる人も出てくると思う。
きっと私自身も、この著者が本を書いた年齢のころに親子関係に関してインタビューでも受けたら、こうした毒を吐き散らしていただろう。つまり、この本の醜さの一部は、私自身も明らかに持っているものなのだ。

人生のある一時期に親を恨んだり憎んだりしたという事実は、何をもってしても消えない。でもその事実を、ただ淡々と森田療法的「ありのまま」にしておければ、それはそれでいいのだろう。それを吐き出したり、何かの言い訳に使うようになったら、即「みっともない大人」になりさがるのだ、ということを、改めて思い知らされた。まさに「人の振り見て我が振り直せ」というやつだ。

それでもこの著者は、父親はIBMの社員だし、本人も天下のハーバードに入っている。ダメ男、ダメ女として描かれる父親も本人も、地頭がよく、やるべき努力はきちんとやってきた人間なのは明らかだ。そんな誇るべき要素もあればこそ、こんなに負の面をさらけ出せたのかもしれない。

ということで、ごくごく普通に親に愛され、親を愛して、常識的な道を歩んできた方には、この本はお勧めしない。自分の弱さや醜さを自覚していて、それを鏡に映して反省の種にしたい方には、なかなか良い本だと思う。
|2015.05.30 Saturday |
| /PAGES |
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
| /PAGES |
LINKS